FC2ブログ
topimage

シュガートング 4 - 2019.08.10 Sat

ロンドンアンティークマーケットのアンティーク写真集
ロンドンアンティークマーケットでこれまでに紹介させていただいたアイテムのギャラリーです。
http://london-antique.shop-pro.jp/(← ショップはこちら) 

純銀のシュガートングです。 
多くは角砂糖がなかった時代のお品ですのでトングは大きめに作られています。
この時代は大きな塊の砂糖をハンマーで叩いて小さくしシュガーボウルに移していたそうです。
現代ではお砂糖だけではなく普通のトングとして使われる方が多いようです。
イギリスではチョコレートやスイーツのケースにこのようなアンティークのトングを使用しているお店を時どき見かけます。




Ref. 33447  Sugar Tongs   Sheffield c1885
シュガートング
シュガートング
シュガートング

イギリス Sheffield c1885 Henry Wilkinson & Co
純銀透かしシュガートング

ハンドルが花弁のような可愛いピアッシング、トングの部分がシェルの形になったビクトリアンらしいシュガートングです。
メーカーの Henry Wilkinson は1851年のロンドン大博覧会にも多く出品したシェフィールドの有名なシルバースミスです。

重さ23g、長さ11cm


Ref. 33039  Sugar Tongs   Sheffield c1895
シュガートング
シュガートング
シュガートング

イギリス Sheffield  c1895 Atkin Brothers (Harry Atkin)
純銀シュガートング

しっかりした銀の厚みのあるイギリスらしい純銀のシュガートングです。
メーカーは老舗の Atkin Brothers です。
トングの先端はシェルのパターン。 
ハンドル部分はロープのような丸い透かしの連続したケルト風の装飾です。

重さ 24g 長さ11cm



Ref. 34465  Sugar Tongs   c1760
シュガートング
シュガートング
シュガートング

イギリス  c1760
純銀シュガートング

ジョージアン時代のとても古いトングですがアセイオフィスマークが消えてしまっていてハンドルに1箇所修理跡があります。
250年以上も経たトングですがまだ実用で使える状態です。

重さ36g、 長さ13.8㎝



Ref. 34464  Sugar Tongs  Sheffield c1904
シュガートング
シュガートング
シュガートング

イギリス Sheffield c1904   C W Fletcher & Son Ltd (Charles William Fletcher)
純銀ピアースシュガートング

美しい透かし細工が全面に施されているトングです。
銀の厚みもたっぷりです。
ビクトリアンやエドワーディアンのお茶ではお砂糖は角砂糖が使われました。
シュガーだけではなく、チョコレートやクッキー、その他スィーツ等にもお使い下さい。

重さ38g、 全長12.7㎝



Ref. 32734  Sugar Tongs  Birmingham c1920
シュガートング
シュガートング
シュガートング

イギリス Birmingham c1920   Adie Brothers Ltd.
純銀ピアースシュガートング

どんな銀器や陶磁器にも合うニュートラルなデザインのシュガートングです。
ピアース、エンボス細工等の装飾の入ったお品を見てしまうと何にもデザインされていないお品はちょっとつまらなくなってしまいますね。
こちらのお品はシンプルですがハンドカットのピアッシングが上品です。

重さ16g、長さ11.7cm



Ref. 34606  Sugar Tongs c1800
シュガートング
シュガートング
シュガートング

イギリス c1800
純銀ジョージアントング

とても古い時代のシュガートングです。
古い時代のシュガートングは大きいのが特徴、当時はお砂糖自体が大きかったのでトングも大きく作られています。
装飾はとても豪華で美しくダメージもなく、トングとしてのバネもしっかりしています。
経年の為ホールマークが消えてしまっています。
大振りサイズなのでお菓子類等にも添えられては如何でしょう?

重さ53g、 長さ14.5㎝



Ref. 34588  Sugar Tongs Sheffield  c1922
シュガートング
シュガートング
シュガートング

イギリス Sheffiled c1922   Thomas Bradbury and Sons Ltd
純銀シュガートング

ロココなハンドルのデザインの純銀シュガートングです。
ハンドルにはロココ調のフェーン(シダ)のデザインです。

重さ 25g、 長さ 11cm

シュガートング 3 - 2019.08.10 Sat

ロンドンアンティークマーケットのアンティーク写真集
ロンドンアンティークマーケットでこれまでに紹介させていただいたアイテムのギャラリーです。
http://london-antique.shop-pro.jp/(← ショップはこちら) 

純銀のシュガートングです。 
お砂糖を使わない方でもやはりシュガーポットと素敵なシュガートングがテーブルにないと寂しいですね。
シュガートングはとてもアンティークらしいティータイムの名脇役です。

ビクトリア時代前半の砂糖は大きめの塊でしたのでシュガーボウルも、シュガートングも大きいものが使われていました。
(イギリスでは角砂糖になった現在でも大きなサイズのものが普通に使われています)
シュガーだけではなく、チョコレートや、砂糖菓子などに添えられてもいいですね。
ロンドンのチョコレートショップやケーキショップでこの様なアンティークのトングが使われているのをよく見かけますが アンティークのお品が現役で活躍していて嬉しくなります。



Ref. 32864  Sugar Tongs   London c1780
銀器 シュガートング
銀器 シュガートング
銀器 シュガートング

イギリス London c1780   R W
純銀ピアースシュガートング

GeorgeⅢ世のとても古い時代に作られた美しい細工のシュガートングです。
ハンドル先端には家紋が刻印されています。
チョコレートや、クッキーをつまむのにも最適です。

イギリスではジョージアンのアンティークはビクトリアンのものより格が上とされていて多少のダメージがあってもとても高価です。
このお品はミュージアムにディスプレイされていてもおかしくないようなお品でハンドメイドの温かみの感じられるお品です。

重さ41g、長さ13.5㎝



Ref. 30764  Sugar Tongs   Sheffield c1907
シルバー シュガートング
シルバー シュガートング
シルバー シュガートング

イギリス  Sheffield  c1907

ハンドルの先端がピアッシングされたハート模様のシュガートングです。
100年以上も前の時代のものとは思えないモダンなデザインで、アール ヌーボーの影響を受けたデザインです。
こういうデザインは本当にアンティークならではですね。
 
全長11cm、 重さ19g


Ref. 32898  Sugar Tongs   London c1786
銀器 シュガートング
銀器 シュガートング
銀器 シュガートング

イギリス London c1786    Godbehere & Wigan
純銀ピアースシュガートング

ジョージ3世の時代に作られた、とても豪華な透かし細工のシュガートング、アンティークコレクターにとってジョージアンのお品は憧れの的です。

ハンドルには花のエングレービングと W I・E というイニシアルが入っています。

重さ42g、全長13.2㎝



Ref. 31520  Sugar Tongs   Birmingham c1897
シルバー シュガートング
シルバー シュガートング
シルバー シュガートング

イギリス Birmingham c1897 
純銀シュガートング

トング部分は可愛いどんぐりのシェイプです!

ハンドルは手彫りの繊細な透かし、昔は棒状になった砂糖を砕いたものがシュガーボウルに入って出てきたのでティーのときのシュガートングは必需品でした。
最近はお砂糖抜きの方が多いですが是非ティーまたはコーヒーの脇役に添えてあげて下さい! 

小さなお菓子にもどうぞお使いになって下さいね~
イギリスではチョコレートショップでシュガートングを使用しているのをよく見かけます。

約12㎝、重さ30g



Ref. 32412  Sugar Tongs    c1905
シルバー シュガートング
シルバー シュガートング
シルバー シュガートング

イギリス c1905   John Millward Banks
純銀シュガートング

ハンドル部分がイギリスらしい透かし細工になった純銀のシュガートングです。

昔のお砂糖は棒状のものを砕いたものでしたのでその時には大き目なトングが使われました。
その後角砂糖がイギリスで発明されてからはこうした小さ目なトングが使われ今に至っています。

全長11.5㎝、28g



Ref. 31844  Sugar Tongs   London c1924
シルバー シュガートング
シルバー シュガートング
シルバー シュガートング

イギリス London c1924   Wakely & Wheeler
純銀透かしシュガートング

透かしになったハンドルがとても美しいシュガートングです。
シュガーだけではなく、小さなお菓子に添えてお使い下さってもいいですよ。
マカロン、チョコレート、クッキーなどに。

イギリスではホームメイドのクッキーを温めて出して下さる方が多くそんな時にはやはり小さめなトングが添えられています。

全長10.7cm、重さ26g

シュガートング 2 - 2019.08.10 Sat

ロンドンアンティークマーケットのアンティーク写真集
ロンドンアンティークマーケットでこれまでに紹介させていただいたアイテムのギャラリーです。
http://london-antique.shop-pro.jp/(← ショップはこちら) 

今回はシュガートングです。 

ビクトリア時代以前は砂糖は大変高価でたくさんのお砂糖がテーブルに出されていることが高価なお茶と同じく大事なおもてなしでした。
シュガーボウルが大きいのもこういった理由です。
その頃の砂糖は棒状の塊でそれを小さく砕いたものをシュガーボウルに入れました。

角砂糖は1872年イギリスで作られるようになりました。
リバプールの商店主であったヘンリー・テートは角砂糖の商業化で財を築きチャリティーに力を注ぎ、テート・モダン・ギャラリーを創設したことで知られます。 サーの称号を授かることを晩年まで固辞し最後には王室からの命令でサーを授かったという逸話があります。 

シュガートングはとてもアンティークらしいティータイムの名脇役ですね。




Ref. 32063  Sugar Tongs   Sheffield c1898
シルバー シュガートング
シルバー シュガートング
シルバー シュガートング

イギリス Sheffield c1898 Levesley Brothers (Thomas Levesley)
純銀ピアーストング

非常に丁寧な美しいハンドエングレイビング&ハンドピアースで仕上げられているシュガートングです。
シュガーだけではなく、チョコレートや、砂糖菓子などに添えられてもいいですね。

全長11㎝、33g



Ref. 30672  Sugar Tongs   Birmingham c1901
シルバー シュガートング
シルバー シュガートング
シルバー シュガートング

イギリス 1901年 Birmingham
バネもしっかりしていて、結構ずっしり重さのあるトングです(23g)
イギリス Birmingham    c1901
純銀シュガートング

バネもしっかりしていて、結構ずっしり重さのあるトングです。

重さ 23g



Ref. 32403  Sugar Tongs   Sheffield c1903
シルバー シュガートング
シルバー シュガートング
シルバー シュガートング

イギリス Sheffield c1903 Levesley Brothers (Thomas Levesley)
純銀ピアーストング

ハンドカットピアッシングとハンドエングレイビングがとても美しいミディアムサイズのシュガートングです。
銀の厚みがあります。

全長10.5㎝、28g



Ref. 31521  Sugar Tongs   Sheffield c1906
シルバー シュガートング
シルバー シュガートング
シルバー シュガートング

イギリス Sheffield c1906    Joseph Rodgers & Sons
純銀透かしシュガートング、

少し厚手のハンドルに手彫りの透かしが施されとてもエレガントでイギリスのエドワーディアン時代の雰囲気そのものという様なデザインのシュガートングです。トングのバネの外側に"H"のイニシャルが入っています。
コーヒーまたはティーの時に是非添えられて下さい。
小さなお菓子をつまむのにも重宝します!

Joseph Rodgers & Sons は1682年創業の有名なメーカーです。



Ref. 33009  Sugar Tongs   Sheffield c1906
シルバー シュガートング
シルバー シュガートング
シルバー シュガートング

イギリス Sheffield c1906    James Dixon & Sons
純銀シュガートング

ピアッシングとエングレービングが美しいトングです。
ハンドカットで仕上げられたエングレービングは刻まれた面がシャープなのでキラキラと美しく輝きます。
トングの先のスプーンのような部分にハンドルから伸びた盛り上がりがあります。 
これはラットテールと呼ばれる古いスプーンによく見られるデザインです。

重さ16g、 全長10.7cm



Ref. 32991  Sugar Tongs   Sheffield c1913
シルバー シュガートング
シルバー シュガートング
シルバー シュガートング

イギリス  Sheffield c1913    Charles William Fletcher
純銀シュガートング

ピアッシングとエングレービングのデザインがとってもオシャレな可愛いシュガートングです。
ハンドルにはダイヤ型の中に十字の花がピアッシングされています。 
小ぶりなサイズですが銀の厚みがあり手にした時にとても存在感があります。

こんな素敵なトングには少しオシャレな角砂糖を!

重さ19g、全長9㎝



シュガートング 1 - 2019.08.10 Sat

ロンドンアンティークマーケットのアンティーク写真集
ロンドンアンティークマーケットでこれまでに紹介させていただいたアイテムのギャラリーです。
http://london-antique.shop-pro.jp/(← ショップはこちら) 

純銀のシュガートングです。 
お砂糖を使わない方でもやはりシュガーポットと素敵なシュガートングがテーブルにないと寂しいですね。
シュガートングはとてもアンティークらしいティータイムの名脇役です。

ビクトリア時代前半の砂糖は大きめの塊でしたのでシュガーボウルも、シュガートングも大きいものが使われていました。
(イギリスでは角砂糖になった現在でも大きなサイズのものが普通に使われています)
シュガーだけではなく、チョコレートや、砂糖菓子などに添えられてもいいですね。
ロンドンのチョコレートショップやケーキショップでこの様なアンティークのトングが使われているのをよく見かけますが アンティークのお品が現役で活躍していて嬉しくなります。




Ref. 32402  Sugar Tongs   Birmingham c1778
銀器 シュガートング
銀器 シュガートング
銀器 シュガートング

イギリス Birmingham c1778    Edward Sawyer
純銀ピアースシュガートング

ジョージ3世の時代のシュガートングです。
全面可愛いピアース細工とエングレイビングのお品でとてもエレガントなデザインです。
お砂糖をつまむ部分は貝のかたちです。
まだ角砂糖がなかった時代のお品ですのでトングは大きめに作られています。

重さ38g、全長13.3㎝



Ref. 33320  Sugar Tongs   Sheffield  c1923
シュガートング
シュガートング
シュガートング

イギリス Sheffield c1923    Thomas Bradbury & Sons
純銀シュガートング

透かし細工と繊細なビーズに見えるのは実はエンボス細工です、大変手間のかかる手作業に依るトングです。
そしてトングの摘み先端には両面共に可愛いお花がエンボスされています。

重さ22g、全長11㎝、開き幅約2.5㎝



Ref. 32987  Sugar Tongs   London c1834
銀器 シュガートング
銀器 シュガートング
銀器 シュガートング

イギリス
純銀シュガートング

美しいエングレービングの長めのハントルは当時の大きいシュガーボウルに合わせたサイズです。現代では小さいマカロンやチョコなどのお菓子にもぴったりのサイズです。

アセイオフィスのマークが経年の為薄くなり判読出来なくなっております。ライオンマークの反対側にメーカー名が入っていて一部分だけしか見えませんが イヤーマークと右向きの横顔のデューティーマークの形から、ロンドン 1834年のものではないかと思われます。

銀の厚みも十分で、バネの状態もしっかりしています。

重さ33g、全長13.8㎝



Ref. 30880  Sugar Tongs    c1835
銀器 シュガートング
銀器 シュガートング
銀器 シュガートング

イギリス 1835年
純銀製シュガートング

ハンドル部のピアッシング、トングのツマミはシェル型、ハンドル先端には"RC"のイニシャル入り、全体のエングレービング、これらが全て長い時間をかけて作られる手作業によるものです。
こんな贅沢な作りは現代では考えられませんね。
エングレービングは伝統的なケルティックのパターンを盛り込んだものです。





Ref. 30877  Sugar Tongs   London c1871
銀器 シュガートング
銀器 シュガートング
銀器 シュガートング

イギリス London c1871
純銀シュガートング

フィドルパターンのデザインが特徴的なヴィクトリアンのシュガートングです。
ハンドルの先端には"F"のイニシャルがあります。
またトングの開口幅が5.5cmと広いのでシュガーというよりも、小さなお菓子やお料理などを挟むのにお使いになられるのが現代的でおしゃれな使い方です!
このトングにはホールマークの中にビクトリア女王の横顔のマークが刻印されていますがこれはDuty markといい、贅沢品としての税金を支払った証明です。




Ref. 30673  Sugar Tongs   London c1890
銀器 シュガートング
銀器 シュガートング
銀器 シュガートング

イギリス London c1890
純銀シュガートング

このような聖人がついたティーカトラリーはアンティークではよくみかけられます。
この時代の典型的なもののひとつでとても人気がありました。

重さ20g



Ref. 33216  Sugar Tongs   Sheffield c1891
シルバー シュガートング
シルバー シュガートング
シルバー シュガートング

イギリス  Sheffield c1891   Harrison Bros & Howson
純銀シュガートング

ビクトリア時代後期のシュガートングのお手本のようなお品です。
ハンドルには美しく繊細なピアッシングとエングレービング、そしてねじれた形のステムとスプーンの形のトングの部分と全て英国銀器の伝統的なデザインでまとめられています。

重さ 20g、長さ 11cm

シュガートング・シュガーニプス - 2019.08.10 Sat

ロンドンアンティークマーケットのアンティーク写真集
ロンドンアンティークマーケットでこれまでに紹介させていただいたアイテムのギャラリーです。
http://london-antique.shop-pro.jp/(← ショップはこちら) 

昔の砂糖は棒状の塊でそれを砕いて使っていました。 そういう時代にシュガーニプスは使われていました。
1878年にはヘンリー・テートが世界に先駆けて角砂糖の生産をイギリスで始め それ以降は角砂糖が普及しました。
お茶の場面でも角砂糖が使われましたのでシュガーニプスやシュガートングはティータイムに欠かせないアイテムでした。
今では小さめのお菓子やチョコレートを載せたプレートに添えられたりもします。

ロンドンのテートギャラリーは角砂糖で財を成したヘンリー・テートが所蔵する美術品のために作った美術館に端を発しています。




Ref. 31132  Sugar Nips   Sheffield c1896
シルバー シュガートング
シルバー シュガートング
シルバー シュガートング

イギリス Sheffield c1896
純銀製シュガーニプス

トング部の先端はシェルのデザイン、手に持ったときにずっしりとした重量感のあるシュガーニプスです。
お砂糖だけではなくチョコレート、マカロンなどの小さめのお菓子にもお使いください!



Ref. 32280  Sugar Nips   Birmingham c1858
銀器 シュガートング
銀器 シュガートング
銀器 シュガートング

イギリス Birmingham c1858    G UNITE
純銀シュガーニプス

とてもエレガントでゴージャスなハサミ型シュガーニプスです。
アカンサスの葉を中心に立体的にデザイン、装飾された、重量感もしっかり感じる事の出来るお品です。
細部まで凝った豪華な装飾は何度見てもため息が出てしまいます。
こういうお品は持っているだけでも楽しくなりますね。

角砂糖を挟むシュガーニプスですが最大開き幅が2.5㎝ありますのでマカロンまたはクッキー等にもお使いいただけます。

重さ32g、全長10㎝



Ref. 33356  Sugar Nips   London c1863
銀器 シュガートング
銀器 シュガートング
銀器 シュガートング

イギリス London c1863    Charles Stuart Harris
純銀シルバー二プス

このお品はハサミの様なハンドルのシュガーニプスです。
つまむ部分は貝のカタチです。
シュガーニプスはペンチのような作りのものもありますがこのお品はどちらかというと小さなトングのような作りです。
何気なく作られたように見えるハンドルの部分もよく考えられた末のデザインです。

重さ16g、 全長11㎝、 最大開き幅3.5㎝



Ref. 33274  Sugar Nips   Birmingham c1876
銀器 シュガートング
銀器 シュガートング
銀器 シュガートング

イギリス  Birmingham c1876    Hilliard & Thomason
純銀シュガートング(ニプス)

シュガーニプスは砂糖が棒状の塊だった頃に使われました。
砂糖は大変高価でたくさんのお砂糖がテーブルに出されていることが高価なお茶を飲むのと同じく大事なおもてなしでした。
シュガーボウルが大きいのもこういった理由です。
今では角砂糖用に普通のシュガートングと同じようにお使いいただけます。
1837年バーミンガムで創業の Hilliard & Thomason は1851年のロンドン博覧会にも出品している老舗です。

重さ39g、全長11.5㎝、最大開き幅5㎝



Ref. 34586  Sugar Nips  
シュガーニプス
シュガーニプス
シュガーニプス

イギリス 年代不明

英国銀器の証であるライオンのホールマークは2カ所にありますがイヤーマーク、メーカーズマークが経年の為消えてしまっているようです。
デザインから古い時代のお品と思われます。
とても美しいデザインのシュガー二プスです。
角砂糖、チョコレート等にお使い頂けます。

重さ 36g、 長さ 12.5cm



Ref. 34167  Sugar Nips  
シュガーニプス
シュガーニプス
シュガーニプス

イギリス  Birmingham c1869
Thomas Hayes
純銀製シュガーニプス

シュガートングと同じく、お砂糖を掴むものです。
200年以上も前のジョージアン初期からあるデザインですが今見ても古さを感じることなく、クラシックでエレガントなお品です。
チョコレートや小さなお菓子をサーブするのにも最適なお品です。

重さ35g、 長さ12.7㎝、最大開き幅9㎝



Ref. 34750  Sugar Nips  
シュガーニプス
シュガーニプス
シュガーニプス

イギリス London c1871   George Aldwinckle
純銀シュガーニプス

可愛いアヒルのクレセントが刻まれた小さめサイズのシュガーニプスです。
このサイズのシュガーニプスは大きなシュガーボウルが一般的だったビクトリア時代ではレアです。
ひとり用サイズ、または旅行用にあつらえたものかも知れません。
小さめのシュガーボウルにぴったりの大きさですね。

重さ 20g、長さ 8㎝

ティースプーン 9 - 2019.08.09 Fri

ロンドンアンティークマーケットのアンティーク写真集
ロンドンアンティークマーケットでこれまでに紹介させていただいたアイテムのギャラリーです。
http://london-antique.shop-pro.jp/(← ショップはこちら) 

シルバーのティースプーンです。 
透かしの装飾のものを集めてみました。
コンチネンタルのものにはロストワックスによるキャスト(鋳造)のものが多いようです。
ロストワックスは今でもアクセサリーなどに使われる技法です。




Ref. 32702 Teaspoon Sheffield c1906
ティースプーン
ティースプーン
ティースプーン

イギリス Sheffield c1906 Joseph Rodgers & Sons
純銀スプーン&トングセット

ティースプーン6本とシュガートング1本のセットです。

メーカーの Joseph Rodgers & Sons は1682年創業の有名カトラリーメーカーです。
組紐のような優雅で上品なハンドルパターンでどんなティーセットにも美しくマッチします。
昔は砂糖は棒状のものを砕いたものか角砂糖でしたので古いセットにはお揃いのシュガートングがついています。
銀の厚みがありかなりしっかりとした作りのお品です。

スプーン 重さ(6本)92g、 全長12cm
トング 重さ31g、 全長11.7cm



Ref. 33427 Teaspoon Sheffield c1907
ティースプーン
ティースプーン
ティースプーン

イギリス Sheffield c1907 John Roberts
純銀ティースプーン&シュガートングセット

編んだ様な手の込んだ透かし細工のティースプーンセットです。
このデザインは人気があったようで異なるメーカーで同じデザインで作られています。
英国銀器全般に云えますが細部まで手抜きすることなくキチンと作られており特に透かし細工のお品は銀の厚みがあり安心してお使い頂く事が出来ます。

ティースプーン 16g、 12cm
シュガートング 33g、 12cm



Ref. 31059 Teaspoon Sheffield c1909
シルバー ティースプーン
シルバー ティースプーン
シルバー ティースプーン

イギリス Sheffield c1909 Lee & Wigfull (Henry Wigfull)
純銀ティースプーン6本セット

ちょっと変わったウサギの耳の様な可愛いデザインでハンドメイドのシルバーの風合いがとても良くでています。
スプーンの部分も少し変わっていて普通の卵型ではなく中央部が少し幅広のシェイプになっています。
手に取るとほっとするようなどこか優しいティースプーンです。
優しい曲線のデザインなので可愛らしいフラワーパターンなどのアンティーク陶磁器と良く合いそうです!



Ref. 31239 Teaspoon Sheffield c1921
シルバー ティースプーン
シルバー ティースプーン
シルバー ティースプーン

イギリス Sheffield c1921 John Round&Son LTD

純銀ティースプーン 6本セット (オリジナルBOX入り)
ピアッシング(透かし彫り)ティースプーン
おいしい紅茶、コーヒーのとっておきのティータイムにはこんな可愛いイギリスアンティークの銀のスプーンで!
とても高級感が感じられるお品です。

全長 11.3cm、 重さ 11g/本





Ref. 33685 Teaspoon Norway
ティースプーン
ティースプーン
ティースプーン

ノルウェイ TR.MARTHINSEN
純銀ティースプーン6本セット
ロココデザインの美しい純銀ティースプーンです。 
ハンドルの装飾に合わせてスプーンボウルにもエングレービングが施されています。
北欧の銀製品は品質の高いことで知られていますが TR.MARTHINSEN は1883年創業の現在も続くノルウェイの銀器のトップメーカーです。 

重さ (6本) 62g、 長さ11.3cm



Ref. 31226 Teaspoon Norway c1925
シルバー ティースプーン
シルバー ティースプーン
シルバー ティースプーン

ノルウェイ オスロ c1925 David Andersen 
純銀 ティースプーン(6本)&ケーキサーバーセット

デヴィッド・アンデルセンはノルウェーのオスロで1876年創業され現在も続いている有名宝飾メーカーです。
シルバーやゴールドにエナメルを組み合わせたデザインがとても有名です。

このセットはロストワックスによる編み込み模様のハンドルのなかに3つの小さなお花がレリーフになっている RINGEBU というデザインで北欧の伝統的なパターンを取り入れながらとても現代的なセンスを感じさせます。
さすがアクセサリーメーカーのデザインなのでとてもオシャレですね。スプーンボウルは先端がスクエアで少し先細りなスマートなデザインです。
こうしてセットで揃えられるのはとてもラッキーです。

実際にティーカップの脇に納まるととても可愛いスプーンです。

スプーン(6本)10.5cm  重さ 11g / 1本

ティースプーン 8 - 2019.08.09 Fri

ロンドンアンティークマーケットのアンティーク写真集
ロンドンアンティークマーケットでこれまでに紹介させていただいたアイテムのギャラリーです。
http://london-antique.shop-pro.jp/(← ショップはこちら) 

シルバーのティースプーンです。 
透かしの装飾のものを集めてみました。

お茶のテーブルではティースプーンでお砂糖が全部溶けるまでカップの中でぐるぐるとかき回すのはNGです。
お砂糖が溶けかけたときにカップに当たらないようにして前後に数回ゆっくり動かすのが正しい使い方とされています。
美しい透かし細工のティースプーンはそんな優雅な使い方にぴったりです。



Ref. 32647 Teaspoon London c1899
シルバー ティースプーン
シルバー ティースプーン
シルバー ティースプーン

イギリス London c1899 William Comyns & Sons

ハンドルがキャストによる透かしの細工になった素敵なティースプーンです。
繊細な装飾はいくつものフラワーとスクロールによるデザインとなっています。
スプーンボウル裏面にHall Markが刻まれています。

6本 85g、全長12㎝



Ref. 31793 Teaspoon London c1899
シルバー ティースプーン
シルバー ティースプーン
シルバー ティースプーン

ギリス London c1897~c1899 Mappin & Webb
純銀ティースプーン5本セット

デザインに定評のあるメーカー、マッピン社のシェルシェイプ&ハンドルのピアッシングが素敵なティースプーンです。
シェルのカタチのティースプーンはもうそれだけで可愛いのですがどんなティーセットとも相性良しで、しかもエレガントに見せてくれるスプーンです。
お茶の歴史と縁がありしかもクリスチャンとヨーロッパの装飾にはシェルは欠かすことのできないモチーフです。
英国銀器にはシェルの形のお品が何と多い事!
このセットはオリジナルは6本セットでしたが1本欠損しています。

全長12㎝、13g / 本



Ref. 33165 Teaspoon Sheffield c1904
ティースプーン
ティースプーン
ティースプーン

イギリス Sheffield c1904 J&R
純銀ティースプーンセット

ティースプーン12本&シュガートングのセットです。
とても繊細で可愛いハートの様な形の葉の透かし細工が印象的です。
細工は繊細ですが銀の厚みがありしっかりした作りのお品です。
この繊細な透かし細工はキャストの技法で立体的に作られたあとでピアッシングハンされています、中心の細い糸のような枝の部分は0.2ミリ程しかありません。
素晴らしい細工ですね。

スプーン重さ(1本)14g 全長11㎝
シュガートング重さ28g、全長11㎝



Ref. 33430 Teaspoon Birmingham c1905
ティースプーン
ティースプーン
ティースプーン

イギリス Birmingham c1905 Marples & Co
純銀ティースプーン6本

ハンドルの透かし細工が素敵なティースプーンです。
ハンドルの装飾はキャストの技法で立体感があります。
イギリスのお品でこのようなキャスト細工のものはレアです。
素敵なデザインのイニシャルが刻まれていますね。

重さ(6本)91g、 全長11cm



Ref. 33936 Teaspoon Sheffield c1905
アンティークのある暮らし
アンティークのある暮らし
アンティークのある暮らし

イギリス  SHeffield c1905 Joseph Rodgers & Sons
純銀ローズハンドルティースプーン 6本 + シュガートング

スプーンハンドルにローズの透かし細工が施されたとても美しいティースプーンです。
繊細な雰囲気なのですが実際には銀の分量がありしっかりした手応えのあるスプーンです。

通常のスプーンよりもほんの僅か大き目と言えます。
シュガートングはシュガーまたはスィートなどに添えられても素敵ですね。

ティースプーン 重さ(1本、ばらつきあり)16g、 長さ12㎝
シュガートング 重さ33g、 長さ11.5㎝



Ref. 31340 Teaspoon Sheffield c1906
シルバー ティースプーン
シルバー ティースプーン
シルバー ティースプーン

イギリス Sheffield c1906 John Rodgers & son
純銀ティースプーン12本とシュガートングのセット

スプーンのハンドルには透かし細工とレリーフでワイルドローズが描かれています。
とても手の込んだ気品溢れるデザインで前のお品と同じです。
12本セットというのが嬉しいところです。

スプーン 全長12㎝、重さ16g / 本
シュガートング 全長12㎝、重さ35g



Ref. 33794 Teaspoon Sheffield c1907
暮らしで使うアンティーク
暮らしで使うアンティーク
暮らしで使うアンティーク

イギリス Sheffield c1907 Maxfield & Sons
純銀ピアースティースプーン6本セット

ハンドルに繊細な透かし細工が施された素敵なスプーンです。
ロストワックスによる透かし細工ですのでクラシックなスクロール模様が立体的です。
デザインレジストレーション番号も刻印されておりますのでこのメーカーのオリジナルのデザインだという事がわかります。

重さ(6本)72g、 全長11cm

ティースプーン 7 - 2019.08.09 Fri

ロンドンアンティークマーケットのアンティーク写真集
ロンドンアンティークマーケットでこれまでに紹介させていただいたアイテムのギャラリーです。
http://london-antique.shop-pro.jp/(← ショップはこちら) 

シルバーのティースプーンです。 
イギリスらしいピアッシングの装飾のものを集めてみました。

一般には透かし細工のものを広くピアッシングと呼んでいますが、正確には糸鋸を使い透かしを切り取る技法によるものがピアッシングです。
英国銀器に多いこの技法は根気と手間がかかり 今ではほとんど行われていませんのでこうした美しいティースプーンはアンティークでしか手に入りません。




Ref. 30815 Teaspoon Sheffield c1909
ティースプーン
ティースプーン
ティースプーン

イギリス Sheffield c1909
純銀ティースプーンセット

王室御用達の マッピンウェッブ(Mappin & Webb)社製、美術工芸品ともいえる様な素晴らしいティースプーンのセットです。
ピアッシングは全てハンドカット、エングレービングもまたハンドによるもので、制作には根気と時間がかけられ非常に丁寧に作り上げられています。
素晴らしいカットのおかげでお花が美しく輝いています。

スプーン 重さ10g、 全長約11cm
シュガートング 重さ21g、 約10.5cm



Ref. 32995 Teaspoon Sheffield c1911
ティースプーン
ティースプーン
ティースプーン

イギリス c1911 Sheffeild  Sibray, Hall & Co (Charles Clement Pilling)
純銀透かしティースプーン&シュガートング

スプーンハンドルの長さの半分位が手彫り透かし細工になっている非常にクオリティーの高いセットです。
実際に手にすると銀の厚みに嬉しくなります!
何世代も受け継がれてきた品質とデザインです!

総重量 117g
スプーン(Sheffield c1911) 重さ14g(本)、全長11.5㎝
シュガートング(London c1911)重さ31g、全長10.3㎝



Ref. 33193 Teaspoon Sheffield, Birmingham c1915 ~c1920
ティースプーン
ティースプーン
ティースプーン

イギリス Sheffield/Birmingham c1915~c1920
純銀ティースプーンセット

ティースプーン5本、シュガートング、ピアースティースプーンの全7点セットです。
それぞれのお品の年代は異なりますがピアースパターンは同じ種類です。

ティースプーン(5本)重さ73g、全長11.3㎝/Sheffield c1915
トング重さ16g、全長11㎝/Birmingham c1920
透かしスプーン重さ14g、全長11㎝/sterlingと刻印あり。国名、年代は不詳です。



Ref. 33637 Teaspoon Birmingham c1918
ティースプーン
ティースプーン
ティースプーン

イギリス Birmingham c1918  William Henry Leather
純銀ティースプーン6本セット

しっかり厚みのあるハンドルが英国銀器伝統のハンドピアッシングで飾られています。
スプーンボウルの形も正統派、ピアッシングのティースプーンのお手本のようなセットです。

重さ(6本)58g、 全長10㎝



Ref. 31060/3113 Teaspoon Sheffield c1920
シルバーティースプーン
シルバーティースプーン
シルバーティースプーン

イギリス Sheffield c1920 Cooper Brothers & Sons Ltd.
純銀ティースプーン6本&シュガートングセット

手作業による、イギリスアンティークらしいパターンです。
とても繊細なピアッシングとエングレービングは美術工芸品のような美しさです。

スプーン 12cm、12g/本
シュガートング 10.5cm、25g



Ref. 33935 Teaspoon Sheffield c1920
暮らしで使うアンティーク
暮らしで使うアンティーク
暮らしで使うアンティーク

イギリス Sheffield c1920 Charles Edward Nixon
純銀ピアースティースプーン6本

とっても可愛いピアースハンドルのティースプーンのセットです。
ドイツなどのコンチネンタルの国々のスプーンに施されている透かし細工の多くはキャスト細工という鋳物の型に溶けた銀を流し込むことで作られるものが多いのに対し、英国銀器のピアース細工の多くは当時の銀職人が1本1本時間をかけて糸鋸で穴を開けて作り上げたものです。
こちらのお品も豪華なピアース細工で美術品ともいえる美しさです。

重さ(1本 バラつきあり)12g、 長さ11.2㎝



Ref. 33694 Teaspoon Sheffield c1925
ティースプーン
ティースプーン
ティースプーン

イギリス Sheffield c1925 C W Fletcher & Son Ltd (Charles William Fletcher)
純銀ティースプーン13点

ティースプーン12本とお揃いのシュガートングのセットです。
豪華な透かし細工が魅力的なセットです。ティースプーンですがデザートスプーンにもピッタリなフォルムですので時にはデザート用にお使いになられてもいいでしょう。
シュガートングはチョコレートなどを取るときに重宝します。何よりも指で摘まむよりもエレガントです。

スプーン1本の重さ12g、長さ11.5㎝
シュガートング重さ23g、長さ10.7cm



Ref. 30602 Teaspoon Sheffield c1952
ティースプーン
ティースプーン
ティースプーン

イギリス c1952 Sheffield
純銀製ピアース(透かし彫り)の美しいティースプーン 7本セット

先端の透けている部分はイニシャルになっています。
このスプーンは出来上がったものにイニシアルを入れるのではなく特別なデザインでシルバースミス(銀職人)に特注して作らせたものです。
このスプーンがどんなお宅で使われていたのか想像をするのもアンティークならではの楽しみですね。

全長10.7cm


ティースプーン 6 エナメル - 2019.08.09 Fri

ロンドンアンティークマーケットのアンティーク写真集
ロンドンアンティークマーケットでこれまでに紹介させていただいたアイテムのギャラリーです。
http://london-antique.shop-pro.jp/(← ショップはこちら) 

純銀のエナメル仕上げのティー/コーヒースプーンです。 
きれいなお色のエナメル仕上げのスプーンはとってもおしゃれです。
小さめのデミタスカップ用のものが多くなっています。

お食事の後はエスプレッソなど濃いコーヒーを頂くのが普通です。
エスプレッソにはシュガーを入れますのでデミタスカップの大きさに合うスプーンが必要です。
ティースプーンで代用というのは NG です。




Ref. 32321 Coffee spoon デンマーク
シルバー ティースプーン
シルバー ティースプーン
シルバー ティースプーン

デンマーク  c1936~c1966  Egon Lauridsen Copenhagen
純銀エナメルデミタスコーヒースプーン6本

昔からデンマークのエナメル細工は世界で一番という定評があります。
デンマーク製のエナメルは繊細で緻密なデザインが特徴で他の国では真似の出来ない品質です。
こちらのスプーンはデミタスコーヒーカップ用の小さなスプーンです。

欧米ではイエローは幸せの色とされています。意外にどんなカップにも合うお色です。

スプーン 9.5㎝、10g/本



Ref. 32156 Coffee spoon c1933 Birmingham
エナメル 純銀 スプーン
エナメル 純銀 スプーン
エナメル 純銀 スプーン

イギリス Birmingham c1933
純銀エナメルコーヒースプーン6本セット

ピンクのエナメルハンドルの模様、スプーンボウルの形、そしてオリジナルの箱まで全てがアールデコです。
エナメルのピンクのお色はグラデーションになっています。

エナメルは半永久的にお色が変わらないので作られた時のままのお色です。
エナメル銀器は英国銀器の中でもとても高額で取引されている特殊なお品でコレクターの方も多いようです。

デザインレジストレーション番号入り
スプーン全長10.3cm、9g(1本)



Ref. 32768 Coffee spoon デンマーク
エナメル 純銀 スプーン
エナメル 純銀 スプーン
エナメル 純銀 スプーン

デンマーク copenhagen c1936 ~ c1966 Egon Lauridsen
コバルトブルー エナメルスプーン6本セット

100年に満たない比較的新しい年代のお品ですが、スプーン先端にクラウンが付いているデザインが素敵なエナメルコーヒースプーンです。
純銀の上にゴールドギルドされていますが上品なゴールドカラーです。
デンマークのエナメルは世界で一番と言われています。
コバルトブルーとゴールドの組み合わせが高貴な雰囲気です。

重さ(1本)11g、 長さ9.7cm



Ref. 34249 Coffee spoon デンマーク
ティースプーン エナメル
ティースプーン エナメル
ティースプーン エナメル

デンマーク  
純銀エナメルデミタススプーン6本

コバルトブルーのデミタスコーヒー用エナメルスプーンです。
スプーン先端にはクラウンがついておりとってもキュートです。
エナメル技術はスカンジナビアが世界一といわれています。
この前のお品と同じものです、純銀の上に24金ギルドされていますがギルドが薄くなり落ち着いた色合いになっています。

重さ(6本)59g、  全長9.6㎝



Ref. 33827 Coffee spoon デンマーク
デミタススプーン ティースプーン エナメル
デミタススプーン ティースプーン エナメル
デミタススプーン ティースプーン エナメル

デンマーク c1900
純銀エナメルスプーン4本セット

とっても可愛い4色のエナメルのスプーンセットです。 
細い線の加工がされた純銀の表面に淡い色合いのエナメルが焼き付けられているギロッシュまたはエンジンチューンと呼ばれる技法です。 
エナメル以外の部分はギルド(金メッキ)されています。
デザートスプーンに最適なサイズです。
エナメルでは世界一と言われているスカンジナビアのお品です。

重さ(4本)80g、長さ10.8㎝、 スプ-ンボウル直径約3㎝



Ref. 33410 Coffee spoon デンマーク
エナメル 純銀 スプーン
エナメル 純銀 スプーン
エナメル 純銀 スプーン

イギリス Birmingham c1958~c1959 Turner & Simpson
純銀エナメルティースプーン6本 訳アリ

スプーンハンドル先端に可愛いエナメルフラワーが付いています。
1本だけハンドルステム部分のエナメルがダメージしています。

重さ(6本)51g  全長9.2㎝ BOX入り

ティースプーン 5 - 2019.08.09 Fri

ロンドンアンティークマーケットのアンティーク写真集
ロンドンアンティークマーケットでこれまでに紹介させていただいたアイテムのギャラリーです。
http://london-antique.shop-pro.jp/(← ショップはこちら) <

シルバーのティースプーンです。 
イギリスらしいピアッシングのものを集めてみました。
透かし模様をひとつひとつ糸鋸で空けていく根気の要るピアッシングの技法は現在ではほとんど行われていません。
よくみると透かしの部分にはこうした糸鋸の跡が見られます。
繊細でレースのようなピアッシングにさらに美しいチェイシングが施されているものなどいつまでも見飽きない美しさですね。




Ref. 33423 Teaspoon Sheffield c1891
ティースプーン
ティースプーン
ティースプーン

イギリス Seffield c1891 Harrison Brothers & Howson (Henry Harrison)
純銀ピアースティースプーン6本

ハンドルのピアース細工がレースの様に美しいティースプーンのセットです。
素晴らしいピアースです!
見た目はとても繊細ですが実際は銀の厚みがありしっかりした作りのお品です。

重さ(6本)94g、 全長11㎝



Ref. 33553 Teaspoon Sheffield c1892
ティースプーン
ティースプーン
ティースプーン

イギリス  Sheffield c1892 Walker & Hall
純銀ピアースティースプーン6本

ステムのツイスト&ピアース細工がエレガントなティースプーンです。
ブライトカットと呼ばれる細かなチェイシングの装飾が施されています。
制作メーカーは長い歴史の名老舗、Walker & Hall です。

重さ(6本)70g、長さ10.5㎝



Ref. 32184 Teaspoon Birmingham c1893
シルバー ティースプーン
シルバー ティースプーン
シルバー ティースプーン

イギリス Birmingham c1893  George Unite & Sons
純銀ティースプーン6本セット

透かしがとてもゴージャスなティースプーン、ビクトリア時代のこのお品の透かし模様はもちろんハンドカットです。
花を囲んでいる透かし模様、イニシアルが入れられるようになっている小さなウィンドウとハンドルの形が本当に落ち着いたアンティークらしい雰囲気を出しています。

全長11.5cm、14g(1本)



Ref. 33943 Teaspoon Birmingham c1904
アンティーク おすすめ
アンティーク おすすめ
アンティーク おすすめ

イギリス Birmingham c1904 William Devenport
純銀お花のティースプーン6本セット

スプーンハンドルの野薔薇のピアース細工がとってもロマンティックで持っているだけで幸せ度が高くなりそうなスプーンです。
こちらのお品はデザイン性、レア度ともに高く コレクターの方にもお奨めです!
銀の厚さも十分あり繊細なデザインですがしっかりした作りです。

重さ(1本)9g、 長さ11㎝



Ref. 33132 Teaspoon London c1906
ティースプーン
ティースプーン
ティースプーン

イギリス London c1906 Sibray, Hall & Co (Charles Clement Pilling)
純銀ピアースハンドルティースプーン 6本

スプーンハンドルにハンドカットのゴージャスな透かし彫りが施されているスプーンセットです。
透かし彫りのパターンはイギリス銀器に良く使われるすずらんモチーフです。
今では作られる事のない丁寧なハンドカットの職人技をじっくりとお楽しみ頂けるお品です。

重さ1本 15g、全長11.2cm



Ref. 32130 Teaspoon Sheffield c1907
シルバー ティースプーン
シルバー ティースプーン
シルバー ティースプーン

イギリス Sheffield c1907 Martin, Hall & Co (Richard Martin & Ebenezer Hall)
純銀ティースプーン&トングセット

繊細なピアッシングの美しさが際立つセットです。
全ての透かし細工、エングレイビングはハンドカットで仕上げられ贅沢な作りです。
英国の銀器ならではの素晴らしい仕上げです。

スプーン 全長11.7cm、13g(1本)x 6本
トング 全長10.8cm、24g



Ref. 30763 Teaspoon Sheffield c1907
ティースプーン
ティースプーン
ティースプーン

イギリス c1907 Sheffield
純銀ティースプーンセット

ハンドルの先端がピアッシングされたハート模様の純銀ティースプーンとシュガートングの7点セットです。
エドワーディアン時代のお品です。
100年以上も前の時代のものとは思えないモダンなデザインで、アール ヌーボーの影響を受けたデザインです。
こういうデザインは本当にアンティークならではです。 

ティースプーン 長さ12cm、重さ11g
シュガートング 長さ11cm、重さ19g



Ref. 32245 Teaspoon Sheffield c1908
シルバー ティースプーン
シルバー ティースプーン
シルバー ティースプーン

イギリス Sheffield c1908  Martin, Hall & Co (Richard Martin & Ebenezer Hall)
純銀ティースプーンセット(6本)

ハンドルのピアッシングがとってもラブリーなティースプーンです。
中心にお花が1本立っているだけの素朴なデザインなのですがとても存在感があります。
繊細なハンドピアース&ハンドエングレイビングがこのデザインを引き立てています。

重さ6本で68g、 全長11.8㎝



Ref. 33305 Teaspoon Sheffield c1908
ティースプーン
ティースプーン
ティースプーン

イギリス Sheffield c1908 Joseph Rodgers & Sons
純銀ピアースティースプーン6本

ツイステッドステムの純銀ティースプーン6本セットです。
ハンドルのピアッシングやブライトカットの美しいエングレービングは全て手作業によるものです。

メーカーの Joseph Rodgers & Sons はシェフィールドで1682年に創業された良く知られたカトラリーメーカーです。

重さ62g(6本合計)、長さ11.5cm


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ロンドンアンティークマーケット

Author:ロンドンアンティークマーケット
ロンドンアンティークマーケットでこれまでにご紹介したアンティークの品々のギャラリーです。

カテゴリー

ブログ内検索