FC2ブログ
topimage

純銀 サルバ、トレイ 8 - 2019.08.10 Sat

ロンドンアンティークマーケットのアンティーク写真集
ロンドンアンティークマーケットでこれまでに紹介させていただいたアイテムのギャラリーです。
http://london-antique.shop-pro.jp/( ← ショップはこちら) 

純銀のサルバとトレイです。

純銀のサルバとトレイは英国銀器を代表するアイテムのひとつです。
英国のサルバは物を載せても歪まないだけの厚みがあり大きなものでは結構な重さがあります。
この様なお品は執事(バトラー)とか、メイドがいる邸宅で使われていたものなので重くても大丈夫でした。 
チャンバーメイドがブレックファーストを載せたトレイを寝室に運ぶシーンを映画で観たことはありませんか?
そうした時にもトレイが使われました。




Ref. 20770 Sheffield c1904
サルバ
サルバ
サルバ

イギリス Sheffiled  c1904
純銀サルバ

エドワーディアン時代のミラー仕上げサルバです。
花びらが2枚重なったようなデザインで、脚が3本付いています。

直径20cm のサルバで300gというのは大きさの割りにかなり重量があるほうです。
1~2人用のティーポットを載せたりお菓子、フルーツ、前菜等を盛り付けたりと、是非日常にもお使いください。
日本茶に使ってもモダンで素敵です。

直径20cm、 高さ2cm, 重さ302g



Ref. 21958 Sheffield c1904
アフタヌーンティー
アフタヌーンティー
アフタヌーンティー

イギリス Sheffield c1904  William Hutton & Sons Ltd

周囲に施された立体的なCast細工の花々がとってもラブリーです。
可愛らしい雰囲気のサルバなので、可愛いお菓子とかケーキ等を載せると下面の鏡面仕上げに反射して素敵です!

銀の厚みがあるのでかなりしっかりしたお品です。脚はクルンと巻きがはいっている可愛いデザインの3本脚です。

外径21cm(内径15㎝)、重さ447g、高さ2.5cm



Ref. 20814 Sheffield c1905
アンティークシルバー
アンティークシルバー
アンティークシルバー

イギリス Sheffiled 1904~1905年

とても美しいハンドカットのピアッシングがトレイの縁に 3~8cm 程の幅で施されエングレービングがトレイ部分にも施された贅沢な装飾のトレイです。とてもしっかりした作りで重いものをのせて運んでもびくともしません。
すっきりした楕円形の使いやすい形ですが重さは 1.4Kg もありこのトレイにブレックファーストを載せてベッドまで、あるいはガーデンのテーブルまで運ぶのは執事(バトラー)にとっても大変だったことでしょう。 現在ではこの優雅で豪華なトレイはテーブルの上に置いたままにして飲み物のセットやティーのセットを載せておくのに使います。

重さ1.4kg、横幅48cm(うちのり35cm)、縦34cm(うちのり27cm)
高さ4cm(ハンドル部分の一番高いところ、中心が一番低くて約2cmです)



Ref. 22521 Sheffield c1905
アンティークシルバー
アンティークシルバー
アンティークシルバー

イギリス Sheffield c1905

英国伝統の美しいピアッシングが幅広にリムをおおい縁の部分はしっかりと肉厚の作りです。4本のクルンと巻いた形のシェルのような可愛い脚がついています。プレーンな仕上げの中央部分には上品にAのイニシアルが入っています。

重さ694g、直径31.5㎝、内径21cm、高さ3.5㎝



Ref. 22622 Sheffield c1905
アンティークシルバー
アンティークシルバー
アンティークシルバー

イギリス sheffield c1905  John Rodgers & Co (John Rodgers, James Cam, Samuel Froggatt & Joseph Bower)

サルバ周囲は5㎝幅でぶどうのcastとピアース細工が施されています。
サルバの中心にはエングレイビングでやはりぶどうの模様が刻まれております。ミディアムサイズのティーセットが収まるサイズのサルバです。または季節のフルーツを盛られても素敵です。
ワインボトルとグラスなどでもいいですね。

フラットなのでホールケーキ、サンドイッチなどにも如何でしょうか?

重さがあり銀の厚みもあるしっかりした作りのお品です。

重さ565g、外径31㎝、内径20㎝


純銀 サルバ、トレイ 9 «  | BLOG TOP |  » 純銀 サルバ、トレイ 7

プロフィール

ロンドンアンティークマーケット

Author:ロンドンアンティークマーケット
ロンドンアンティークマーケットでこれまでにご紹介したアンティークの品々のギャラリーです。

カテゴリー

ブログ内検索