FC2ブログ
topimage

純銀 サルバ、トレイ 7 - 2019.08.10 Sat

ロンドンアンティークマーケットのアンティーク写真集
ロンドンアンティークマーケットでこれまでに紹介させていただいたアイテムのギャラリーです。
http://london-antique.shop-pro.jp/(← ショップはこちら) 

ビクトリア時代後期の純銀のサルバとトレイです。
映画などでは執事がドリンクのセットやティーセットを載せたこうしたサルバを運ぶシーンを目にしますが、今ではテーブルの上に置きティーセットやドリンクのセットなどを載せておくのに使われます。
レースペーパーを敷いてフードを盛り付けても素敵ですね。
ビクトリア時代後半になると持ち手の部分があるトレイも多くなってきたようです。




Ref. 23406 Edinburgh c1896
アンティーク辞典 アンティーク教室
アンティーク辞典 アンティーク教室
アンティーク辞典 アンティーク教室

イギリス Edinburgh c1896 Hamilton & Inches
純銀スクエアトレイ

とても人気の活躍の頻度が高いのがスクエアのトレイです。
ティーセット等を載せるのは勿論ですがおもてなしのテーブルでとても活躍してくれるお品です!
セロファン紙やレースペーパーを敷いてフードにも使用できます。
素敵なおもてなしにお使い下さい。

重さ923g 横35.5cm  縦27.5cm 高さ2.5cm



Ref. 23847 London c1897
アンティーク辞典 アンティーク教室
アンティーク辞典 アンティーク教室
アンティーク辞典 アンティーク教室

イギリス London c1897 Edward Barnard & Sons Ltd
純銀ピアッシングサルバ

サルバ周囲に施された透かし入りの豪華な装飾、そこには葡萄とローズとその他の花々が咲き乱れている様子が描かれています。
中心のハンドエングレイビングもとても美しく、クィーン ビクトリアお墨付きシルバースミスの貫録充分な作品です。
バーナードの作品はイギリスの美術館にも展示されていて英国を代表するシルバースミスのひとつです。

脚のついていない形です。

重さ1255g、 外径34.5㎝、 内径27㎝、 高さ2㎝



Ref. 21796 Sheffield c1899
アフタヌーンティー
アフタヌーンティー
アフタヌーンティー

イギリス Sheffield c1899  Walker & Hall

フラッグマークで有名な老舗銀器メーカー Walker & Hall は品質には定評があるシルバースミスです。
小さめですのでティーポットスタンドとしてご利用になられると、とても素敵でポットがとても引き立ちます!またワイングラスを載せたり、Foodを載せたり等と、応用範囲の広いアイテムです。
リム周囲には立体的な葡萄模様のレリーフ、6箇所均等に大きめな透かしが入っています。サルバの中のエングレイビングは樹木とベイズリー模様、中心には "H" のイニシャルが刻印されています。

銀器は使用するとどうしてもキズは付きものです、中にエングレイビングがあるとキズが目立たないという利点もあります。

3本の脚は豪華な作りでやはり葡萄の木々とリーフ模様です。これらすべての細工は100年以上も昔の贅沢な手作業に依るものです。エングレイビング、CAST細工、ホールマークもとてもクリアなので使用頻度はあまり多くはなかったように見受けられます。小ぶりながらとても重量感のあるお品で品質の良さ感じられます。
サルバは重いのがいいのです!

直径21cm、うちのり約15㎝、高さ4㎝、重さ422g



Ref. 23919 Sheffield c1900
純銀 サルバ
純銀 サルバ
純銀 サルバ

イギリス  Sheffield c1900 Mappin&Webb
純銀円型サルバ

英国王室御用達の Mappin & Webb の純銀サルバです。
直径が40cm近くあり、重さも1Kg を超えますが Mappin & Webb らしい上品で可愛らしいお品です。
;リム周囲が透かしになって6枚の花弁のようなシェイプの外側にはビーディングによる装飾が施されています。
中央部分の美しいエングレービングはシールド(盾)の形のカトゥーシュの両側にブーケ その周囲はレースに囲まれたようにフルーツとローズが配置され格調高い中にも可愛らしさがいっぱいのデザインです。
長い間優しく扱われてきたようでエングレービングも鮮明です。
ボタンのような脚には一つ一つにホールマークが入っています。

重さ1225g、 直径39.3㎝、 内径約31㎝、高さ2.5㎝



Ref. 21342 Birmingham c1900
アンティーク銀器
アンティーク銀器
アンティーク銀器

イギリス Birmingham c1900
純銀 サルバ

中心にイニシャルが入っている由緒正しいおうちにあったと思われるサルバです。
スカラップのリムと、その中には可憐なフラワーが打出しされ、その下には周囲に、おリボンが連なったピアッシング、とどこまでもラブリーさを追求したデザインです。
イニシャルが入ることでとてもアッパークラスのティストになっています。
大きめなサルバなのでティー4点セットが楽にセット出来ます。ビクトリアンのティーセットがとても合います!

脚が付いていないタイプです、ティーセットには勿論のこと多目的な使い方が出来るのがサルバのいいところです。

直径34cm、高さ1.5cm、 重さ695g

  

Ref. 21813 Sheffield c1900
アフタヌーンティー
アフタヌーンティー
アフタヌーンティー

イギリス Sheffield c1899~c1900  William Mammatt & Son

メーカーの William Mammatt & Son は1897年創業、1906年までのわずかな期間 Sheffield で美しい銀器を作っていたシルバースミスです。

重さが1747gもある、当時は上流階級のみが持つ事が出来たまさしく高級英国銀器の代表とでもいうようなトレイです。(一般にハンドル付きがトレイ、ハンドルなしがサルバです)

このトレイでバトラーからティーをサーブされたのでしょうか、、、またはブレックファースト?
いろいろ思いを巡らせるのも楽しいアンティークです!

リムの部分は英国伝統のスクロール模様のピアッシング、重いトレイにふさわしくハンドルを握る部分のホールは大きめで優雅なカーブにデザインされています。楕円形のたっぷりサイズですので大きなサイズのティーセット、その他のお茶道具などを一緒に載せても余裕です。

楕円形 横幅53cm、縦37cm(うちのり横幅40cm、縦28cm)、高さ3㎝、重さ…1747g



Ref. 21342 Birmingham c1900
アンティーク辞典 アンティーク教室
アンティーク辞典 アンティーク教室
アンティーク辞典 アンティーク教室

イギリス Birmingham c1900
純銀円形サルバ

中心にイニシャルが入っている由緒正しいおうちにあったと思われるサルバです。
スカラップのリムと、その中には可憐なフラワーが打出しされ、その下には周囲に、おリボンが連なったピアッシング、とどこまでもラブリーさを追求したデザインのサルバですがイニシアルが入ってアッパークラスのティストになっています。
大きめなサルバなのでティー4点セットが楽にセット出来ます。
ビクトリアンのティーセットがとても合います!
脚が付いていないタイプです。

直径34cm、高さ1.5cm  重さ695g

  

純銀 サルバ、トレイ 8 «  | BLOG TOP |  » 純銀 サルバ、トレイ 6 ミニサルバ

プロフィール

ロンドンアンティークマーケット

Author:ロンドンアンティークマーケット
ロンドンアンティークマーケットでこれまでにご紹介したアンティークの品々のギャラリーです。

カテゴリー

ブログ内検索