FC2ブログ
topimage

Special Items - 2019.10.05 Sat

ロンドンアンティークマーケットのアンティーク写真集
ロンドンアンティークマーケットでこれまでに紹介させていただいたアイテムのギャラリーです。
http://london-antique.shop-pro.jp/( ← ショップはこちら) 

SPECIAL ITEMS
なかなか出会えないアイテム達です。
純銀のトナカイとそりはこの何年かの間に3回だけ見つけることができました。

純銀のケーキスタンドは本当に珍しく、ディーラーにも初めて手にしたと言われたお品です。




Ref. 13748 純銀のトナカイとそり
トナカイ クリスマス
トナカイ クリスマス
トナカイ クリスマス

ドイツ c1900 925シルバー Johann s.Kurz & Co
純銀 レインディア&ソリ

ロココ調 純銀トナカイ&ソリ
1900年ころに、ドイツのヨハンS.クルツ社によって作られたお品です。

気品あるトナカイの姿にうっとり・・・

実はラップランドにいるトナカイではなく鹿がモデルのようです。
大きな枝角、毛並み、そしてサドルも付いていて本物そっくりな作りです。
前脚が高く、跳ねているように見えますね。
クリスマスのとっておきのディスプレイです。

重さ325g、 全長約25㎝、高さ12㎝、奥行6.5㎝



Ref. 13767 純銀のトナカイとそり
トナカイ クリスマス
トナカイ クリスマス
トナカイ クリスマス

ドイツ c1900 925シルバー Johann s.Kurz & Co
純銀レインディア&そり

ロココ調スターリングシルバーのそりとトナカイ。

この2つ目のトナカイを手に入れて気が付きました。
前回のお品はトナカイとそりが銀のワイヤーで繋がれていましたが今回のお品は轅の部分も付いていて、こちらのほうがオリジナルのようです。

重さ389g、 全長約27.5㎝、 高さ11㎝、 奥行7㎝



Ref. 14152 純銀のトナカイとそり
トナカイ クリスマス
トナカイ クリスマス
トナカイ クリスマス

ドイツ c1900 925シルバー
Johann s.Kurz & Co
純銀レインディア(トナカイ)&そり

スターリングシルバーのロココ調のそりとトナカイ。
1900年ころに、ドイツのヨハンS.クルツ社によって作られたお品です。

そり本体は、立体的なスクロール模様と花の格子模様の透かし細工で内部は24金メッキされています。
そりのランナー部分にはとてもエレガントなスクロール装飾が施されています。
小さなベルも可愛いですね。

重さ385g、 全長約27.5㎝、 高さ11㎝、 奥行7㎝



Re.f 14053 フィギュリンのソルトディッシュ
純銀 フィギュア ドール
純銀 フィギュア ドール
ドール 純銀 ソルトディッシュ

イギリス  c1880前後
シルバープレート
ペア フィギュリン ソルトセラー

とっても可愛い恋人同士のフィギュリンです。
写真では顔に陰影が写りこんでおりますが実物はとても美しい容姿の二人です。
女の子の着ているドレスから想像するとおそらく村娘でしょうか。
二人が持っているのはフルーツバスケットです、これから葡萄を摘みに行くようにも見えますね。
このゴールドのバスケット部分にはシルバーの上に24金がかけられています。
シルバーカラーのフィギュリンにこの部分だけがゴールド、このコントラストが更に高級感を出しています。
シルバープレートのお品ですが古い時代のものですのでシルバーの層が厚く高級感があります。

何年も前にファイン アンティークフェアーで目にして以来、一度も見かけたことのなかったレアなお品です。
特にペアで揃っているのはとても希少です。
本来はソルト入れとして作られたものですがインテリアのアクセントに、またはキャビネットにディスプレーされると素敵です。
 
重さ(ペア)1292g  高さ14.7㎝
スプーン長さ8㎝、重さ16g



Re.f 13603 木製ティーキャディ
ティーキャディ アンティーク ボックス
ティーキャディ アンティーク ボックス
ティーキャディ アンティーク ボックス

イギリス c1840前後
ウォールナッツ ティーキャディボックス

美しいウォールナッツウッドの六角形のティーキャディボックスです。
蓋の部分はアラベスクのような花の模様に神話の動物が、側面にはインドでの茶の栽培の様子が非常に細かなインレイで描かれています。
お茶は19世紀前半はほとんど中国からのものでしたが1840年ころからはインドで栽培された茶葉がイギリスに輸入されるようになりました。 
その時代こうしたインドの様子が描かれたティーキャディボックスはオリエンタルでとてもエキゾチックなものだったのでしょうね。
鍵もロックがかかり完全な状態で、中はシルバーのライニングで(おそらくその上にペーパーが張られていたと思われます)状態も良く、すぐにそのままお使いになることが出来ます。
このような木製のティーキャディは稀にしか見かけませんが このお品は状態や細工の美しさなど格が違う素晴らしさです。

重さ259g、 横11.5㎝、 縦11.5㎝、 高さ11㎝


Ref. 11354  Sheffield c1909 Cake Stand
リボンとガーランド
リボンとガーランド
リボンとガーランド

イギリス Sheffield c1909
純銀3段ケーキスタンド

通常、ケーキスタンドはシルバープレート製なのですが、こちらは純銀製です。
純銀製のケーキスタンドは非常に珍しくマーケットではほとんど見かけることがありません。
優雅なカーブを描くフレームはどんなプレートを組み合わせても素敵です。

高さ 約33.5㎝
最大横幅 24㎝
奥行き 約15㎝
お皿が入るところの幅 上から14㎝、15㎝、18㎝
重さ377g



Ref. 12248  London c1913 Cake Stand
純銀ケーキスタンド
純銀ケーキスタンド
純銀ケーキスタンド

イギリス London c1913
Josiah Williams & Co (George Maudsley Jackson & David Landsborough Fullerton)
純銀3段ケーキスタンド

非常にレアな純銀ケーキスタンドです。
そもそもケーキスタンドで純銀というのは英国のシルバー商でも生涯出会うことはないと言われている程の希少なお品です。
このお品の仕入れ先の店主も初めての出会いでもう2度とないだろうとの事でした。

3枚の美しいピアッシングのプレートはケーキスタンドを使用されない時にはそれだけで使用することも出来ます。
上部の持ち手部分はクラウンのようなシェイプです。
縦に3本ある支柱は美しい曲線のカーブとエレガントな装飾がとても上品です。
このスタンドを見ていると、その当時の優雅なティーの様子が目に浮かぶようです。

全てが純銀で出来ているこの上なく贅沢なエレガントでレアなケーキスタンドです。
見た目よりも小さめなサイズですので重宝すると思います。

総重量1067g(プレート3枚+スタンド)、 スタンド高さ約35cm、
手彫り透かしプレート直径(3枚)17.5cm、内径11.5cm
スタンド横幅、奥行とも20㎝、プレートとプレートの高さの間隔は10㎝



Ref. 12705  London c1966
リボンとガーランド
リボンとガーランド
リボンとガーランド

イギリス London c1966   BSC
純銀 Wheellbarrow

ガーデニングの国ならではのお品でしょうか?
Wheelbarrow は庭師や農家で使う手押し車のことでカントリーハウスの田園生活が大好きな英国上流階級ならではの趣味のお品です。
ボンボンディッシュですがキャビネットにデイスプレイされてもとても素敵です!
美術工芸品とも言えるお品ですがこうしたものが手に入るのも英国銀器ならではの楽しみですね。

Hall Markは珍しいブリタニアHall Markが付いています。
ブリタニアは純度95.84%とイギリスで一般的な92.5%のスターリングシルバーより純度が高い純銀です。
英国では1697年から1720年の間だけこの純度がスタンダードとされていました。
ところがビクトリア時代後半からこのブリタニアスタンダードの銀器がリバイバルし1970年代に至るまで一部でブリタニアスタンダードのものが作られていました。
こうした特別なお品は良く知られたライオンマークではなくブリタニアマークがついておりこのマークが付いているものは多くは高級装飾品・芸術品です。

重さ356g、長さ23.5㎝、幅8.5㎝、高さ8.7㎝


<ブリタニアメタルというのものもありますがお間違えありませんように!>
ブリタニアメタルは錫を主とする合金で19世紀初めにシルバープレートの下地に使われました。
英国ではメッキがはげると有害成分が溶け出すことがあると言われていて現在では使われていません。
この危険なブリタニアメタルは、シルバープレートの刻印が EPNS ではなく、EPBM と刻印されていますので見分け方は簡単です。
この EPBM 製品は多くの場合、デコラティブな可愛いデザインのティーセットが多いので心惹かれますが諦めるのが正解です。強度もEPNSより劣りますがディスプレイとしてなら大丈夫です。
この様な理由からEPBMは英国では不人気で非常に低価格で売られています。
イギリスのアンティークマーケットやフェアで数千円の可愛いポットを見かけたらご注意を!

クラムスウィーパー «  | BLOG TOP |  » キャンドルランプ

プロフィール

ロンドンアンティークマーケット

Author:ロンドンアンティークマーケット
ロンドンアンティークマーケットでこれまでにご紹介したアンティークの品々のギャラリーです。

カテゴリー

ブログ内検索