FC2ブログ
topimage

ボンボンサーバー - 2019.09.28 Sat

ロンドンアンティークマーケットのアンティーク写真集
ロンドンアンティークマーケットでこれまでに紹介させていただいたアイテムのギャラリーです。
http://london-antique.shop-pro.jp/( ← ショップはこちら) 

ボンボンサーバーはボンボン(お砂糖で出来た甘くて可愛い小さなお菓子)の為のスプーンでしたが、お菓子、果物などのサービングにもお使いいただけます。
あられのような小さなお菓子をすくうのにも便利です。
お食事も終わりデザートもいただいた後のテーブルにミントやボンボンにこんなサーバーが添えられて出されると本当に華やかな感じになりますね。




Ref. 51794  London c1895
純銀 ボンボンサーバー 英国アンティーク
純銀 ボンボンサーバー 英国アンティーク
純銀 ボンボンサーバー 英国アンティーク

イギリス London c1895
純銀ボンボンサーバー

ロココ調のデコラティブな透かしの純銀サーバースプーンです。
アンティークでしかお目にかかれないお品です!
小ぶりなサイズで使いやすそうですね。

ハンドル中心はギリシャ神話の女神でしょうか?
ハート型のスプーン部分はフラワー&木々模様の透かしです。

写真では平らに見える透かしのスプーンですが実際は少しだけ湾曲しています。

全長14cm、 重さ47g、サーバー部分の大きさ横幅6㎝、長さ7cm



Ref. 52259  London c1896
純銀 ボンボンサーバー 英国アンティーク
純銀 ボンボンサーバー 英国アンティーク
純銀 ボンボンサーバー 英国アンティーク

イギリス London  c1896 William Comyns & SonsLtd    
純銀ボンボンサーヴァー

英国シルバースミスの名門 William Comyns 作のとても存在感のあるボンボンサーバーです。

ボール部分のゴールドギルドが施された透かし模様の中には女神と天使が表現されていて持ち手にはライオンのような神話の神のような顔がついています。
短めのハンドルはボンボンサーヴァーの特徴です。   

全長14㎝、 42g



Ref. 52466  Dutch c1909
純銀 ボンボンサーバー アンティーク
純銀 ボンボンサーバー アンティーク
純銀 ボンボンサーバー アンティーク

Dutch(オランダ) c1909
Amsteldam 833
純銀ボンボンサーバー

とても可愛くしかもアンティークらしいお品です。
繊細なキャストのボウル部分は草花と鳥の文様の透かしでハンドルにも鳥がついています。
またこのハンドルはフックになっていてボンボンディッシュにかけられるようになっているよく考えられたデザイン、フリルのようになったボウルも可愛いですね。

全長12cm、43g



Ref. 52411  Germany c1900s
純銀 ボンボンサーバー アンティーク
純銀 ボンボンサーバー アンティーク
純銀 ボンボンサーバー アンティーク

ドイツ c1900前後
純銀ボンボンサーバー

花を摘む乙女がレリーフされた透かし模様の純銀のボンボンサーバーです。
ハンドルも植物と花の形で全てが可愛くできています。

全長20.5㎝、61g



Ref. 52707  usa c1910
英国アンティーク
英国アンティーク
英国アンティーク

アメリカ c1910頃   WHITING MANUFACTURING Co.
純銀キャンディスプーン

1891年から製作された Louis XV パターンという名のとっても可愛いキャンディスプーンです。
透かし&エンボス細工のスプーンボウルとハンドルの装飾がロココスタイルです。

メーカーの WHITING 社は 1866年創業の老舗高級銀器メーカーでしたが 1905年に Gorham 社に買収されました。WHITING ブランドの製品は1926年まで製作されました。

アメリカでは Candy Spoon、 Bonbon Spoon などと呼ばれる形ですが ティーキャディスプーンとしても使えるかも! と試してみたところ透かし部分からは茶葉が落ちることもなくティーキャディスプーンとしても使用出来る事が判明!
少し大きめティーキャディなら長さが僅か11㎝なのですっぽり収まります。

ボンボンやキャンディーにこんな可愛いスプーンを使っていたなんて、どんなお屋敷で使われていたのでしょう。
この可愛いスプーンを前にいろいろイメージして楽しむのも楽しい時間ですね。

全長11cm、13g




デザートカトラリー パラレル 2 «  | BLOG TOP |  » ケーキサーバー イングリッシュ

プロフィール

ロンドンアンティークマーケット

Author:ロンドンアンティークマーケット
ロンドンアンティークマーケットでこれまでにご紹介したアンティークの品々のギャラリーです。

カテゴリー

ブログ内検索