FC2ブログ
topimage

シュガートング 3 - 2019.08.10 Sat

ロンドンアンティークマーケットのアンティーク写真集
ロンドンアンティークマーケットでこれまでに紹介させていただいたアイテムのギャラリーです。
http://london-antique.shop-pro.jp/(← ショップはこちら) 

純銀のシュガートングです。 
お砂糖を使わない方でもやはりシュガーポットと素敵なシュガートングがテーブルにないと寂しいですね。
シュガートングはとてもアンティークらしいティータイムの名脇役です。

ビクトリア時代前半の砂糖は大きめの塊でしたのでシュガーボウルも、シュガートングも大きいものが使われていました。
(イギリスでは角砂糖になった現在でも大きなサイズのものが普通に使われています)
シュガーだけではなく、チョコレートや、砂糖菓子などに添えられてもいいですね。
ロンドンのチョコレートショップやケーキショップでこの様なアンティークのトングが使われているのをよく見かけますが アンティークのお品が現役で活躍していて嬉しくなります。



Ref. 32864  Sugar Tongs   London c1780
銀器 シュガートング
銀器 シュガートング
銀器 シュガートング

イギリス London c1780   R W
純銀ピアースシュガートング

GeorgeⅢ世のとても古い時代に作られた美しい細工のシュガートングです。
ハンドル先端には家紋が刻印されています。
チョコレートや、クッキーをつまむのにも最適です。

イギリスではジョージアンのアンティークはビクトリアンのものより格が上とされていて多少のダメージがあってもとても高価です。
このお品はミュージアムにディスプレイされていてもおかしくないようなお品でハンドメイドの温かみの感じられるお品です。

重さ41g、長さ13.5㎝



Ref. 30764  Sugar Tongs   Sheffield c1907
シルバー シュガートング
シルバー シュガートング
シルバー シュガートング

イギリス  Sheffield  c1907

ハンドルの先端がピアッシングされたハート模様のシュガートングです。
100年以上も前の時代のものとは思えないモダンなデザインで、アール ヌーボーの影響を受けたデザインです。
こういうデザインは本当にアンティークならではですね。
 
全長11cm、 重さ19g


Ref. 32898  Sugar Tongs   London c1786
銀器 シュガートング
銀器 シュガートング
銀器 シュガートング

イギリス London c1786    Godbehere & Wigan
純銀ピアースシュガートング

ジョージ3世の時代に作られた、とても豪華な透かし細工のシュガートング、アンティークコレクターにとってジョージアンのお品は憧れの的です。

ハンドルには花のエングレービングと W I・E というイニシアルが入っています。

重さ42g、全長13.2㎝



Ref. 31520  Sugar Tongs   Birmingham c1897
シルバー シュガートング
シルバー シュガートング
シルバー シュガートング

イギリス Birmingham c1897 
純銀シュガートング

トング部分は可愛いどんぐりのシェイプです!

ハンドルは手彫りの繊細な透かし、昔は棒状になった砂糖を砕いたものがシュガーボウルに入って出てきたのでティーのときのシュガートングは必需品でした。
最近はお砂糖抜きの方が多いですが是非ティーまたはコーヒーの脇役に添えてあげて下さい! 

小さなお菓子にもどうぞお使いになって下さいね~
イギリスではチョコレートショップでシュガートングを使用しているのをよく見かけます。

約12㎝、重さ30g



Ref. 32412  Sugar Tongs    c1905
シルバー シュガートング
シルバー シュガートング
シルバー シュガートング

イギリス c1905   John Millward Banks
純銀シュガートング

ハンドル部分がイギリスらしい透かし細工になった純銀のシュガートングです。

昔のお砂糖は棒状のものを砕いたものでしたのでその時には大き目なトングが使われました。
その後角砂糖がイギリスで発明されてからはこうした小さ目なトングが使われ今に至っています。

全長11.5㎝、28g



Ref. 31844  Sugar Tongs   London c1924
シルバー シュガートング
シルバー シュガートング
シルバー シュガートング

イギリス London c1924   Wakely & Wheeler
純銀透かしシュガートング

透かしになったハンドルがとても美しいシュガートングです。
シュガーだけではなく、小さなお菓子に添えてお使い下さってもいいですよ。
マカロン、チョコレート、クッキーなどに。

イギリスではホームメイドのクッキーを温めて出して下さる方が多くそんな時にはやはり小さめなトングが添えられています。

全長10.7cm、重さ26g

シュガートング 4 «  | BLOG TOP |  » シュガートング 2

プロフィール

ロンドンアンティークマーケット

Author:ロンドンアンティークマーケット
ロンドンアンティークマーケットでこれまでにご紹介したアンティークの品々のギャラリーです。

カテゴリー

ブログ内検索