FC2ブログ
topimage

ティーキャディスプーン 3 - 2019.09.07 Sat

ロンドンアンティークマーケットのアンティーク写真集
ロンドンアンティークマーケットでこれまでに紹介させていただいたアイテムのギャラリーです。
http://london-antique.shop-pro.jp/(← ショップはこちら) 

少し長めのハンドルのシルバーのティーキャディスプーンを集めてみました.
暖炉にくべる石炭をすくうショベルの形は人気だったようでティーキャディスプーンにもよく見られます。
また、ぶどうの装飾のスプーンはジャムスプーンとしても使われていたかもしれません。

ティーキャディスプーンはアンティークのマーケットやフェアでもとても人気のアイテムです。
小さくて繊細なものが多いので良いコンディションのものを探すのは一苦労です。




Ref. 10616 Birmingham c1828
ティーキャディスプーン
ティーキャディスプーン
ティーキャディスプーン

イギリス Birmingham c1828
純銀製ショベル型、ティーキャディースプーン

ジョージⅣ世の時代のジョージアンのアンティークです。
ホールマークがショベルの裏の中央にありますが本物のショベルではここは溝になっていて柄が差し込まれているところです。
シルバースミス(銀職人)のユーモアが感じられますね。

全長13cm



Ref. 13263 Birmingham c1857
ティーキャディスプーン
ティーキャディスプーン
ティーキャディスプーン

イギリス Birmingham c1857   Hilliard & Thomason
純銀ティーキャディスプーン

24金ギルドされたとても贅沢なティーキャディスプーンです。
全体を覆う葡萄の装飾が素晴らしい繊細な細工のお品です。
スプーンボウルの中にも葡萄と葡萄の葉のエングレービングを見る事が出来ます。
こちらのお品は通常のティーキャディスプーンよりも長いので高さのあるティーキャディに向いています。

ビクトリア女王の横顔の Duty mark が付いています
重さ23g、全長15㎝



Ref. 10544 Birmingham c1862
ティーキャディスプーン
ティーキャディスプーン
ティーキャディスプーン

イギリス London c1862
シルバー ティーキャディスプーン

ショベル型のティーキャディスプーンはヴィクトリア時代にとても人気がありました。
この形は茶葉がすくい易いのが特徴です。
スプーンにしては重量感がありなんともいえない使い心地です。
細工も何気ないようで凝っていて全体としてとても高級感があります。



Ref. 13479 London c1890
ティーキャディスプーン
ティーキャディスプーン
ティーキャディスプーン

イギリス London c1890     Robert James Chaplin & Sons
純銀ティーキャディスプーン

ブラウンカラー木製ハンドル、ショベルタイプのティーキャディスプーン。
ハンドルが木製の珍しいティーキャディスプーンです。
スプーンボウルはショベルタイプです、この形は暖炉の石炭をくべるのに使われたショベルに似せた形で人気がありました。
エンボスとエングレービングによる花と木の葉の装飾があります。

重さ16g、長さ12.5㎝



Ref. 12209 Birmingham c1893
ティーキャディスプーン
ティーキャディスプーン
ティーキャディスプーン

イギリス Birmingham c1893
純銀ティーキャディスプーン

ショベル型のティーキャディスプーンです。
英国銀器のティーキャディスプーンの中でも人気の高いデザインの一つです。

スプーンの中はゴールドギルドされていて、エンボスでフラワーが描かれています。
ハンドル部分にもフラワーがエングレイブされています。
スプーン裏面にはAugust 1894と美しい文字で刻まれています。

全長10.6㎝、11g



Ref. 11753 Birmingham c1900
ティーキャディスプーン
ティーキャディスプーン
ティーキャディスプーン

イギリス、Birmingham c1900 
純銀ビクトリアン ティーキャディスプーン

ショベル型のキャディスプーンです。
とても細かい手彫りブライトカットによる可愛らしい装飾です。

長さ11cm、 幅3cm、 重さ12g



Ref. 13364 Birmingham c1902
ティーキャディスプーン
ティーキャディスプーン
ティーキャディスプーン

イギリス Birmingham c1902   C E Williams
純銀ティーキャディスプーン

可愛いショベル型のティーキャディスプーンです。
ショベル型のティーキャディスプーンで透かしハンドルというのはとてもレアです!

通常のティーキャディスプーンにしては少し長めなので深さのあるティーキャディにもお使いいただけます。
ショベル型のスプーンボウルの両サイドには小さな耳のような細工、周囲の小さな丸いスカラップ細工仕上げとブライトカットの輝きが素敵です。
スプーンボウルの中心に刻まれたローズがイギリスらしい可愛さです。

重さ15g、全長12㎝、



Ref. 11839 Birmingham c1902
ティーキャディスプーン
ティーキャディスプーン
ティーキャディスプーン

イギリス London c1902   Chaplin & Sons
純銀ティーキャディスプーン

ハンドルがブドウのつる、しかも葉と巻きひげまでついています。
シャベル型のスプーンボウルには精緻なブドウの実と葉のエングレービングが施されていてギルドが残っています。
手作りならではの凝ったデザインですね。

全長13㎝ 重さ14g
ショベルスプーンボウル長さ4.5cm、最大幅3.5cm

ティーキャディスプーン コンチネンタル «  | BLOG TOP |  » ティーキャディスプーン 2

プロフィール

ロンドンアンティークマーケット

Author:ロンドンアンティークマーケット
ロンドンアンティークマーケットでこれまでにご紹介したアンティークの品々のギャラリーです。

カテゴリー

ブログ内検索